2018/05/14
ムダ毛処理

moomo(ムーモ)除毛クリームは効果あるの?みんなの口コミや評判はどうなの?を調査してみました!

除毛クリームとして効果が高いと口コミで評判のmoomo(ムーモ)。配合成分や使用方法などをまとめた記事となります。

moomo(ムーモ)の画像

今や、男性でも関心を持つ除毛(脱毛)。女性がムダ毛を気にしないわけはありませんよね。

特に薄着の季節ともなれば、ワキから膝下と、「ほぼ全身」のムダ毛気になります。

最近はあるドラマで、主人公である女優さんの指が話題になりました。相手役から指輪を薬指につけてもらうシーンに「指毛が…」とSNSがざわつく事態にも…。

そう、女性は四季を問わず気を抜けないのです。

あなたは、どんな方法でムダ毛を除毛(脱毛)していますか?

肌を傷つけたくないクリニックやサロンに通う時間やお金がない、でもいつもきれいでいたい…。このような悩みを解消できるものがあるとするなら…。

そんなあなたも、このページを最後まで読めば、安心除毛(脱毛)についての知識を得ることができます!

是非、除毛クリームの購入を検討している方は、参考にしてみてくれたら幸いです!

除毛クリーム「moomo(ムーモ)」が話題のワケ

除毛(脱毛)するには、いくつもの方法がありますが、それぞれメリットとデメリットがあります。

たとえばカミソリなら、気になったときにいつでもOKという反面、皮膚の表面をも一緒に“削ってしまう”ことによりガサガサの肌になってしまいます。

リニックやサロンでの脱毛は、ほぼ永久の効果があるかもしれませんが、忙しい中でも毛周期に合わせて定期的に通わなければならない費用がかかりすぎるというデメリットが付きまといます。

これら「除毛(脱毛)事情」を抱える方にとって、まさに救世主といえるのが「moomo(ムーモ)」なのです。

moomo(ムーモ)のメリット

moomo(ムーモ)は、これまでの除毛クリームとは異なり、メリットとなる点が多くあります。

moomo(ムーモ)の画像

・除毛だけでなく、イソフラボン配合により抑毛まで狙える

・体毛溶解成分(タンパク質を溶かす)に加え、高級シアバター配合で肌ケアへも配慮

・潤い成分として、大豆エキスやシソエキスも配合

・日本製というところが安心ポイント

・除毛クリームにありがちな、嫌なツンとしたニオイがなく、ラベンダーの香り

・最短5分、お風呂で使え、そのまま洗い流せる

いかがでしょう。

除毛クリームで肌荒れしてしまった経験から、カミソリ除毛に切り替え、その結果ガサガサ肌になってしまった…という方にも希望が見えてきたのではないのでしょうか?

moomo(ムーモ)の評判は?

ネット上でも話題のmoomo(ムーモ)、使ってみた皆さんの感想はどうなのでしょう?

 

…♡♡ ・ ・ 新 #パケ買いコスメ あらわる💓 ラベンダーの香り がする#除毛クリーム 新登場✌ ・ ・ #新商品 の #moomo 💓 @moomo_lavender は #お家で簡単除毛 できる #エステいらず の#除毛クリーム ✨ ・ ・ パッケージがラベンダーカラーで可愛いけど なんと香りも #ラベンダーの香り ✨ 除毛剤特有の嫌なニオイがしないのが嬉しいアイテムです✨ ・ ・ クリームを塗るだけで#ムダ毛処理 が簡単にできるし 美容成分も配合されててダメージが少ないので おうちでサッとムダ毛ケアしたいとき これからは シェーバーよりmoomoがいいかも💡 ・ ・ #ボディケア #お家エステ #おうちエステ #bodycare #簡単除毛 #PR #ムダ毛ケア #むだ毛ケア #除毛 #美容 #beauty #コスメ #cosme #selfie #セルフィー #自撮り #selka #🤳

AIさん(@ai_photo_1209)がシェアした投稿 –

 

新商品の除毛クリーム moomo ( @moomo_shizenlabo ) . 除毛クリームって臭うし、肌が荒れるイメージやったけど これは比較的優しい成分でできていて、香りもラベンダー💜💜 . カミソリで自己処理すると 赤いポツポツができたり、埋もれ毛とか、 乾燥したり、肌トラブルの原因になるんやけど、 . お家で自己処理する時は 肌に優しくつくられた除毛クリームがオススメ😌✨ . カミソリで自己処理してる人‼ 今は大丈夫でも、将来の肌の事を考えて 絶対にやめるべきっ(;;*ω*;;)🚫🚫 . . #moomo #除毛クリーム #お家で簡単除毛 #エステいらず #自己処理 #肌トラブル #ムダ毛ケア #肌ケア #美意識

村田 弥月 (mizuki)東京5/6〜8さん(@mizukitty.0712)がシェアした投稿 –

 

今日もポカポカ陽気☀ 買い物に行くと、すでにお店は春服や春の小物が多くて 嬉しくなりますねー🌸✨ 暖かくなるにつれて腕や足などの露出が増えることもあり、最近moomoの脱毛クリームを使い始めましたヽ(´ω` ๑ )/✨ * 気になる部分に塗って5分〜10分置いたあと、コットンなどで拭き取りぬるま湯で洗い流すだけ‼︎ お家で手軽にできて超カンタン🙆‍♀️💕 * 驚いたのは、処理後の肌がすべすべだったこと😊‼︎ 私は今までカミソリ派で、剃った後の乾燥やポツポツが気になっていましたが、ムーモは全然気にならず💕 むしろ肌がすべすべで潤いもあり…びっくりしました😳 * 肌に優しく脱毛ができるので、私のような敏感肌や乾燥に悩んでる方にも気軽に使えてオススメです💕 * 香りもいいので、これから脱毛タイムが楽しくなりそう😳🌸 * #moomo#除毛クリーム#お家で簡単脱毛 #エステいらず #moomo_shizenlabo#オススメ#脱毛#読モ#フォロー#follow

優美 (masami)さん(@masami_w14)がシェアした投稿 –

・使い方がカンタンだった!

・香りに癒された!

・肌荒れの心配がなかった!

と大好評ですね。

除毛クリーム「moomo(ムーモ)」の使い方

moomo(ムーモ)を効果的に使うには、どうすればいいのでしょうか。

一般的な市販の除毛クリームは、付属のヘラでクリームを取り除いたあとに洗い流すものが多いですが、moomo(ムーモ)の場合は少し異なります。

  1. 1,塗れていない乾いたままの肌に塗る
  2. 2,5分待つ
  3. 3,そのまま洗い流す

簡単3ステップで終わり、シャワーや入浴時に気軽に使えるのが、とっても魅力的なんです。

言葉でご説明するより、動画をお見せする方が早いかも知れないので、moomo(ムーモ)の除毛効果をご覧ください!

※剛毛の男性がお使いになる場合、排水口の詰まりにご注意ください。

いくら早送りとはいえ、5分でこれだけきれいさっぱりと除毛できるのはびっくりです!

では、より詳しく使い方や使い心地などをご説明するため、音声入り動画もどうぞ!

モジャモジャのすね毛の男性が「アイデンティティを失った!」と口走る部分が聞こえたでしょうか。強い除毛力がありながら、皮膚が赤くなったりもしていません。

これはすごい!

気になる「moomo(ムーモ)」の成分は?

最近、「正しい商品選び」の参考のため、パッケージに印刷されている成分までチェックされる方も多いですよね。moomo(ムーモ)にはどのような成分が配合されているのでしょうか。

 moomo(ムーモ)の画像

【有効成分】

・チオグリコール酸カルシウム

チオグリコール酸カルシウムは、タンパク質を分解する成分です。ご存じのとおり、髪や体毛はタンパク質で出来ていますので、このチオグリコール酸カルシウムなくしては除毛機能はありません。

他の除毛クリームと同様、moomo(ムーモ)もこのチオグリコール酸カルシウムで除毛します。しかしながら、チオグリコール酸カルシウムはタンパク質を溶かすものですので、皮膚への影響がないわけではありません。

この皮膚への影響を抑制したり、皮膚に潤いを届けるため、以下のような成分も含まれています。

【うるおい成分】

・シア脂(シアバター)

シアバターノキと呼ばれる植物の種から採取される植物性の脂です。シアバターはステアリン酸やオレイン酸が主なもので、特にオレイン酸はエモリエント性が高く、有名化粧品メーカーも多く使っているものです。

ハンドクリームなどでもシアバターと言う名のついたものが多いのはこのためです。

・1,3-プロパンジオール

植物由来のグリコールである1,3-プロパンジオールは、保湿成分であると同時に抗菌性を持ち合わせています。皮膚のうるおいを保ちながら、除毛したことによって現れた毛穴の炎症を引き起こさない役割を果たします。

・大豆エキス

乾燥肌向け化粧水などにも使われる大豆エキス。除毛後の肌を健康的に保ってくれます。しっとり系の化粧水や乳液にも使われることのある成分ですが、これは、大豆エキスが女性ホルモンと類似した働きをするからです。

・シソエキス(1)

シソ葉エキスとも呼ばれるシソエキスには、肌を乾燥からまもる役目があります。また、アトピー性皮膚炎への効果も認められていて、敏感肌の方向けの化粧品にも用いられています。

・ステアリルアルコール

ステアリルアルコールは、べたつきがないながらも、皮膚をまもり、なめらかに、そしてつややかにする働きがあります。乳液や美容クリーム、トリートメントなどのベース素材としても用いられているものです。

・流動パラフィン

流動パラフィンは、別名「ミネラルオイル(固体ならワセリン)」です。皮膚の表面に長時間留まるという特性がありますので、肌表面から水分が蒸発するのを抑制してくれます。皮膚に浸透するという性質はありませんが、皮膚の水分を保ってくれるという観点から、うるおい成分とされています。

・1,3-ブチレングリコール

保湿剤として比較的多くの製品で用いられるのが、この1,3-ブチレングリコールです。皮膚の水分吸収性を高めてくれますが、さっぱりとしているのが特徴です。また、他の植物エキスの成分を引き出すため製造工程で使われることもあります。

【抑毛成分】

・大豆エキス

うるおい成分の項でも取り上げた大豆エキスですが、抑毛成分としての役割も担っています。大豆エキスは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをします。エストロゲンは頭部の毛、つまり髪の成長や増量を促しますが、眉から下の毛に対しては抑制方向の働きを示すものとして知られています。

【抗菌・殺菌・除菌成分】

・水酸化カルシウム

水酸化カルシウムは、その強アルカリ性により除菌効果が高いとされています。菌の大発生により放たれるニオイを防止するため、ボディーソープやシャンプー、除菌消臭剤にも使われます。

・1,2-ペンタンジオール

1,2-ペンタンジオールは、防腐剤であるパラベンの代わりに使用される抗菌成分のひとつです。パラベンも特に危険な防腐剤ではありませんが、少数ながら刺激を感じる方がいます。このことを知った方たちが「パラベンデトックス(パラベンを含む化粧品などを使わない)」を実践していることがあり、そのパラベンの変わりに1,2-ペンタンジオールを使用する化粧品類が増えました。

1,2-ペンタンジオールには、抗菌効果だけでなく、保湿効果もあります。

・グリセリンモノ2-エチルへキシルエーテル

グリセリンモノ2-エチルへキシルエーテルは、防腐剤の一種でありながらも保湿効果のある成分とされています。基礎化粧品やメイク化粧品、またはヘアケア商品、さらにいえば柔軟剤にまで幅広く用いられているものです。

だから…安心・安全な除毛クリームなのです!

上記のように、除毛・抑毛効果を追い求めながらも、他の保湿成分や抗菌・殺菌・除菌成分もきちんと含まれています。

  • しっかり除毛する
  • 肌に負担をかけない
  • しっとり、すべすべの肌になれる
  • 毛が抜け落ちたあとの毛穴で菌が繁殖しない
  • 次の毛が生えにくくなる

moomo(ムーモ)はこのような効果が見込めます。

これまでの除毛クリームでは満足できなかった、シェービングで肌がガサガサになってしまった、といった方に試していただきたいのが、このmoomo(ムーモ)なんです!

moomo(ムーモ)が最安値で購入出来るのはどこ?

それでは、このmoomo(ムーモ)はどこで購入することが出来るのでしょうか?Amazon、楽天市場、メルカリ、公式サイトで調べてみました。

ムーモ(moomo)の画像

Amazonでmoomo(ムーモ)は買える?

2018年5月現在、Amazonでmoomo(ムーモ)は見つけられません「Amazonでも買えればいいのに…」、日頃からAmazonでお買い物をしている方にとっては、残念! といわざるを得ません。

楽天市場でmoomo(ムーモ)は買える?

楽天市場でもmoomo(ムーモ)を見つけることができせんでした。

moomo(ムーモ)は今のところ、楽天販売はされていませんでした。

これから、夏にかけもしかしたら出店する可能性はあるかもしれません。

メルカリでmoomo(ムーモ)は買える?

メルカリではmoomo(ムーモ)を発見できることが出来ました!

moomo(ムーモ)のメルカリ画像

4,200円 +送料

で購入可能でした。

しかしながら、残念なことに2018年5月末現在4つしか出品がなく、その全てが開封済みの品でした。

次、新品がいつ出品されるかはわかりません。また、商品代金に送料追加を求められる設定となっているものもあり、「高いお買い物」になってしまうケースがあります。

※この情報は、2018年5月現在のものです。

moomo(ムーモ)が最安値で購入出来るのはどこ?

moomo(ムーモ)の購入のため、amazon、楽天、メルカリと調べてみましたが、
一番ムーモを最安値で購入したいのならば、公式サイトをオススメします。

公式サイトではmoomo(ムーモ)を出来るだけの人の多く人に試してもらいたいという思いから、
「トクトクコース」というものを用意してくれてます。

トクトクコースでmoomo(ムーモ)を購入すると、初回980円で試すことが出来るんです!

また、2回目以降も、通常6,600円が、ずっと30%オフの4,620円で購入出来ます。

▶moomo(ムーモ)の価格比較表

moomo(ムーモ)の価格比較画像

一番オトクに購入出来る公式サイトはこちら!

 

ムーモ(moomo)の便利さは、“抑毛機能”!

ムダ毛が気になるところは、意外に広いですよね。

腕や手の甲、胸まわり、背中、おへその周囲、膝下、足や手の指

これらの気になるところを、定期的にかみそりなどで除毛するのはとても大変です。しかしながら、接客業など人目につく仕事をなさっている方にとって、「うっかり」はたいへんなことです。

そこでmoomo(ムーモ)の登場です。moomo(ムーモ)は、今あるムダ毛を除毛するだけでなく、定期的に使用することで毛が生えにくくなるという抑毛も狙えるのです。

お風呂で手軽に使えるという利便性があるうえ、使っているうちに毛が細くなる・毛が目立たなくなるといった状態を目指せるのです。

でも、、脱毛クリニックに行った方がいいんじゃないの?

自分自身で手入れしづらい部分を他人に任せる方法のひとつに、脱毛をてがけるクリニックがあります。
いわゆる永久脱毛と呼ばれるものですので、moomo(ムーモ)の目指す抑毛の延長上にあるもの、と考えることができるでしょう。

医療用レーザー(出力が高い器機を使用)での脱毛は、確かに短期間で脱毛が完了するかもしれません。しかし、そこは医療機関です。費用面・予約の取りづらさ・多忙な方にはハードルが高いというものです。

【クリニックA】

全身脱毛(顔やVIO除く)は、初回6,200円+3,000円の54回払い

【クリニックB】

全身脱毛(顔やVIO除く)は、29万8,000円

【クリニックC】

全身脱毛(顔や首、VIO除く)は、24万3,648円

みんなやってるサロンの脱毛なら?

医療機関(クリニック)脱毛とは異なり、出力の低い器機を使う分、サロンの脱毛は通う回数が増えてしまうという面があります。

 

1回分、ないしは1カ月に支払う金額はクリニックより安くはありますが、やはり「予約する」通う」という手間を考えると、二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

【全国チェーン脱毛サロンA】

11万6,640円=気になる箇所と回数を自由に選ぶセレクト制/おおむね12回で毛の再発が気にならなくなる

【全国チェーン脱毛サロンB】

月額9,500円=全身脱毛/自分が納得できるまで続く

【全国チェーン脱毛サロンC】

月額5,800円=全身脱毛/自分が納得できるまで続く/指定された信販会社を利用、ボーナス加算6回で合計42万28円/回数制限なし)

脱毛は、毛周期に合わせて行う必要があるから難しい

クリニックにしろ、サロンにしろ、即座に脱毛が完了するワケではありません。それは、「毛周期」がキーです。

毛周期とは、

  • ・毛母細胞分裂が始まる「成長初期」
  • ・毛が皮膚の表面に現れる「成長期」
  • ・毛が細くなり抜け落ちそうになる「退行期」
  • ・毛が抜け落ち毛母細胞分裂が始まるまでの「休止期」

を指します。

四肢(腕や足)の産毛の毛周期は、人により異なりますが、平均で1年ほどとされています。

この中で、クリニックやサロンで“脱毛の対象”となるのは、成長期にある体毛です。

さらに、無数の毛穴(=毛母細胞)の存在も重要な問題です。今あなたが目にしている「成長期」にある体毛は、たった20%。つまり、一度にレーザーないしは光で脱毛できるのは、体毛の5分の1、ということなのです。

このため、2~3カ月に1度、最低でも5回、クリニックやサロンに通わなければなりません。

タイミングよく予約が取れればよいのですが、人気のクリニックやサロンでは予約が取りづらいでしょう。多忙な方にとって、この「予約」が足かせとなってしまいます。

また、クリニックやサロンへ通う時間や交通費もバカにはなりません。

だから…ムダ毛自己処理にはムーモ(moomo)が選ばれる!

上で取り上げてきたように、クリニックやサロンの脱毛では

・時間や予約の面でハードルが高い

・費用がかかりすぎる

という点で“問題”がありました。しかしながら、moomo(ムーモ)はそれらの問題点をクリアするに足りる充分なメリットがあるのです。

肌に優しい、単なる除毛だけでなく抑毛作用も見込める、使いたいときに気軽に使える、といった点で、他の除毛(脱毛)方法に大きく差をつけている、といっても過言ではないのです。

確かにクリニックやサロンが目指している、いわゆる永久脱毛ほどに「毛が減った!」「目に見えるように効果が感じられる!」といった劇的な変化はないかもしれません。

しかしながら、「使っているうちに毛が目立たなくなった!」という方も少なくありません。クリニックやサロンに通う時間や費用を考えれば、日常的に使用することで体毛が目立たなくなっていくということは、大きなメリットなのではないでしょうか。

家でできる除毛・脱毛法とムーモ(moomo)との違い

moomo(ムーモ)と同じように、自宅でできる除毛・脱毛方法ももちろんありますよね。これらの方法とムーモとを比べてみましょう。

かみそりを使った除毛には、

・肌が弱い方にとって「肌荒れの原因になる」

・剃った毛が再度皮膚から現れたとき「ちくちくする」

・皮膚の硬い部分(ひざなど)で、「埋もれ毛」が発生し、時に炎症を生じる

という問題があります。

自宅用除毛/脱毛器具

自宅用脱毛器具には、いくつかの種類があります。光やレーザータイプは自分で出力を調整しなければなりませんので、何かしらの肌トラブルが起きても“自己責任”です。また、脱毛/除毛したいと思うタイミングに、時間を確保しておかなければならないという点も覚えておきましょう。

【光/レーザータイプ】

出力が弱い/照射範囲が狭いなどで、時間がかかる

本体価格と同時にカートリッジが高く、意外にランニングコストがかかる

 

【抜くタイプ】

多少なりとも痛みがある

皮膚が弱い方はこのような器具の使用によりぽつぽつと赤みが生じ、使いづらいと感じることがある

 

【電動シェーバータイプ】

商品によっては“毛を引っ張りながら剃る”機能があり、痛いと感じることがある

かみそりと同様、成長期にある毛が伸びてくるとき、「ちくちく」することがある

 

【moomo(ムーモ)】

moomo(ムーモ)なら、3日~1週間に1度の使用、しかも1箇所5分放置しそのままシャワーで流すだけで済みます。

また、ムダ毛を溶かすことで処理しますので、成長期にある毛が伸びてきたとしても「ちくちく」することはありません。また、きちんと毛穴の奥にまで塗りこむことができ、そこで体毛のモトである毛の根からするっと抜けてくれるのです。

配合されているイソフラボンの効果で、使うたびに抑毛を目指すことができますので、「目の前にある毛」だけでなく、「これから生えてくる毛」を少しずつ減らすことまで狙えます。

香り・肌ケア…バスタイムが楽しくなるmoomo(ムーモ)

香り・肌ケア…バスタイムが楽しくなるmoomo(ムーモ)

清潔と健康のため、毎日のシャワーやお風呂は当たり前、ですよね。特に肌の美しさを求める女性にとって、ぬるめのお湯にゆっくり浸かり、血行をよくするバスタイムは「至福のとき」にしたいことでしょう。

ムーモは、そんなあなたにもうれしい味方です。こころを安らげてくれるというラベンダーの香りは、バスタイムをリラックスタイムへと導いてくれます。

moomo(ムーモ)で使用されているラベンダーオイルは、水蒸気蒸留法で採取。水蒸気でラベンダーを加熱し続け、集まった水分から取り出したナチュラルで安全なオイルです。

身体を濡らす前、除毛したい部分に塗り広げて5分。この自然なラベンダーの香りがバスルームに広がり、1日の終わりに「ほんわかタイム」を演出してくれます。この間、除毛をしながら、お肌にはうるおい成分が届けられています。

洗い流した後は、さっぱり、しっとり。肌ケアまでできてしまいます。毎日、違う箇所をケアすれば、moomo(ムーモ)製造元が推奨している3日~1週間に1度の使用サイクルも満たせます。

日々、除毛しながら同時に肌ケアができてしまう…。忙しいあなたにも使いやすいうえ、クリニックやサロンに通う時間や大きな費用、自宅での除毛/脱毛器具を使う膨大な時間をセーブすることが可能です。

moomo(ムーモ)が目指すのは、「除毛ケアがほぼ不要な状態」

moomo(ムーモ)は、クリニックやサロンで使用される脱毛器具のように、レーザーや光により毛根(毛母細胞/毛乳頭)を破壊するほど強力ではありません。レーザーや光器具にありがちな熱によるひりつき、熱さを感じることがないのです。

しかしながら、その分作用はマイルドですので、安心して使用することができます。それでいて、最終的には「除毛がほぼ不要な状態」を目指せるのです。

それは、上でも触れたとおり、抑毛を狙った配合(大豆エキス使用)だからです。大豆エキスは、女性ホルモンと類似の働きをし、顔から下の発毛・増毛を抑制してくれます。

毎日のバスタイムのうち、ほんの数分を割くだけで、将来「除毛ケアがほぼ不要」となるのであれば、忙しい方にとってこれほどうれしいことはないでしょう。

確かに、強力なレーザーや光は、効果を実感するまでが早いかもしれません。しかしながら、そのために毛周期にあわせて予約を取り、時間を作ってクリニックやサロンに通う、そのための費用を捻出する必要があり、とても大変です。

moomo(ムーモ)なら、大きな費用を用意することなく、自分のペースで除毛(将来的には抑毛)を行うことができますので、「マイペースで除毛したい」「少しずつでも除毛(脱毛)ケアをしなくてすむようになりたい」という方にうってつけです。

moomo(ムーモ)のデメリット

残念ながら、ムーモにもデメリットがあります。それは、

  • ・デリケートゾーンには使用が推奨されていない
  • ・ドラッグストアでは手に入らない
  • ・背中など手が届きにくい部分には、人の手を借りなければならないかも

という点です。

しかし、これらはクリニックやサロンに支払う多額の費用や、通うための時間の確保に比べれば小さな問題でしょう。

moomo(ムーモ)の口コミはこちら!

これまで、moomo(ムーモ)についてご説明してきました。また、実際の愛用者の声をSNSで見つけてご紹介しました。他にどのような感想があるのか気になりませんか?ここで改めてmoomo(ムーモ)に関する口コミをご紹介します!

やはり、夏に向けてみんな使っているみたい!

ムダ毛に悩まされてる方朗報です🎉 💖Check ムダ毛処理したあとの毛穴や黒ずみもこのムーモでどんどん消えてきました!
今からケアすれば、今年の夏は処理ナシで乗り切れると思います😚 

出典:https://www.instagram.com/

処理できず黒くブツブツしてしまったわたしの脚もムーモを使えばこんなにキレイに\( ˆoˆ )/✨✨ザラザラしていた肌もツルツルになって肌触り最高です❤

出典:https://www.instagram.com/

ムーモのおかげで、ボーボーだったうなじの毛がキレイに処理できました\( ˆoˆ )/💓
うなじってケアしにくいと思ってましたがこれはチューブタイプなのですごく簡単ですし手が汚れないのが一番嬉しいです!!!😭🙏

出典:https://www.instagram.com/

 

moomo(ムーモ)まとめ

素肌の美しさを追い求める方にとって、ムダ毛の処理(除毛/脱毛)はとても深刻な問題です。これを解消する方法として、クリニックやサロンでの脱毛、自宅で使用する脱毛器具の購入・使用といったものがあります。

一方、比較的手軽な方法として、シェービングや従来の除毛クリームの使用といったものもありますが、間違った自己処理は肌を傷めてしまう可能性も高く、赤いポツポツや小さな切り傷が生じることもあります。

肌ケアしながら除毛できたら…。そういう方に、ムーモは力強い味方となってくれます。自分のペースで除毛(抑毛)にチャレンジしたい方にこそ、ムーモをおすすめしたいと思います。

今回、moomo(ムーモ)について、また他のムダ毛処理法との比較点をご紹介しましたが、特にご記憶いただきたいのは以下の4点です。

  • moomo(ムーモ)は除毛成分+抑毛成分が含まれる除毛クリーム
  • 2.クリニックやサロンでの全身脱毛は、思いのほか費用がかかる
  • 3.自分で行える一般的な除毛/脱毛法では、肌を傷める可能性がある
  • moomo(ムーモ)は各種保湿成分もたっぷり配合、除毛と肌ケアが同時にできる

 

>>moomo(ムーモ)の公式サイトはこちら

 

moomo(ムーモ)の除毛効果についてさらに知りたい方はこちら

関連記事

青ヒゲ対策!噂のゼロファクターって使っても大丈夫?成分・安全性を徹底検証!

青ヒゲ対策!噂のゼロファクターって使っても大丈夫?成分・安全性を徹底検証!

ゼロファクターはメンズ専用のヒゲ対策コスメです。本気でなんとかしたい方の必須アイテム!シリーズ累計販売180万本のロングセラー商品です。
噂のゼロファクターはどんな成分でできているのか?青ヒゲの対策の効果は?徹底検証したいと思います。

濃いヒゲ対策!ゼロファクター5αSPローションは本当に効果ある?実際に使ってみた正直な感想

濃いヒゲ対策!ゼロファクター5αSPローションは本当に効果ある?実際に使ってみた正直な感想

現在人気急上昇中のゼロファクター5αSPローション。濃いヒゲに悩まされてきた私が実際に「ゼロファクター 5αSPローション」を使ってみて、効果がどうなのかを体験し、それに対する感想・レビューを紹介します。

ゼロファクター薬用Z(ゼット)リムーバーは楽天で買える?最安値を徹底調査

ゼロファクター薬用Z(ゼット)リムーバーは楽天で買える?最安値を徹底調査

ゼロファクター薬用Z(ゼット)リムーバーは楽天が最安値?男性の除毛に効果が高いと口コミや評判サイトで高評価だけど、どこで購入するのが1番お得かを実際にamazonやyahooショッピング。最後に公式サイトで調べてみました!

moomo(ムーモ)は楽天・Amazonで買える?最安値を徹底調査

moomo(ムーモ)は楽天・Amazonで買える?最安値を徹底調査

除毛効果が高いと口コミで評判のmoomo(ムーモ)。脱毛効果も期待出来るクリームの最安値は楽天、amazon、公式サイトのどこなのか?を価格で比較してみました。

ゼロファクターはヒゲだけでなく腕・足の毛にも効果があるのか?

ゼロファクターはヒゲだけでなく腕・足の毛にも効果があるのか?

濃い体毛の悩みを解消する方法で、今話題の「ゼロファクター」。「抑毛」することによって体毛に関するコンプレックスを解消します。青ヒゲには効果抜群と口コミでも言われていますが、体毛にはどうなのでしょうか?成分や仕組みから考察してみました。