2017/07/25
ダイエット

危険!?ぜいたくレッドスムージーの副作用について真相に迫る!

 

ここ数年で、スーパーフードや酵素などが脚光を浴びてブームになっていて、一昔前とは比べ物にならないほど、多種多様なダイエットサプリメントや健康食品を目にする機会が増えました。

気になって試してみたけれど、効果が微妙で分かりづらかったり、高すぎて手が出ない商品などもあったりします。
また、最近ではあまり無いですが、販売後に危険な成分が含まれていて改修騒ぎになった商品なんかも……。

やはり、口から体内に摂り入れるものですから、原材料に危険なものは入っていないのか、副作用などは無いのか、というところが、ダイエットサプリメントを選ぶうえでの必要不可欠なファクターになりますよね。

妊娠中や妊活中の女性や、子供が産まれたばかりで母乳を飲ませているママさんなんかは、自分だけではなく子供まで危険にさらしてしまう可能性もありますからね。

今回は、最近特にSNSや美容業界で話題になっている「ぜいたくレッドスムージー」、この商品の原材料や配合されている成分、それに副作用の有無や安全性などを徹底的に調査してみようと思います。

レッドスムージーの基礎知識について

ネタレッドスムージー

今までは栄養価の高い野菜をミキサーを使用してスムージーにするグリーンスムージーが流行っていましたが、2017年の初頭くらいからはレッドスムージーが人気を集めています。

レッドスムージーとは、赤い果実の果物や野菜をメインに使用して作るスムージーで、その名の通り赤い色をしているのが特徴です。

赤い果実や果物には、美肌効果を含むものや抗酸化作用の成分が多く配合されているものが多いので、ビタミンやミネラルを補うのはもちろんのこと、お肌を紫外線から守ってくれたり、アンチエイジングに効果を発揮してくれると言われています。

効果として「綺麗になりながら痩せたい」という女性の理想にピッタリとあてはまったのがレッドスムージーなのです。

スムージーは、ダイエット中に不足しがちな栄養素をバランスよく摂取しやすい為に、置き換えダイエットに適しているドリンクとしても認知されています。

その中でもレッドスムージーは、グリーンスムージーと比較しても、味が飲みやすく継続しやすいとしてここ最近で注目を集めています。

健康食品の副作用について考える

実は非常に誤解されやすいですが、副作用というものは病院や薬局などで市販されている医薬品の薬効成分によって招じる治療目的に沿わない作用の全般を指すものなので、健康食品として販売されているぜいたくレッドスムージーには副作用の心配はないといえます。

ただ、配合されている原材料や成分によっては、体質やアレルギーの有無や摂取量でカラダによくない影響がおきないとも限りませんので、注意が必要となる場合もあります。

では、具体的にどのような点に気を付ければ良いのか、ぜいたくレッドスムージーに配合されている原材料や成分を掘り下げて、危険性などを検証してみましょう。

ぜいたくレッドスムージーの成分は何が入っている?

【ぜいたくレッドスムージー】 (1)

まずは、ぜいたくレッドスムージーに配合されている原材料と栄養成分を調べてみます。

ぜいたくレッドスムージーの原材料

デキストリン、オート麦由来食物繊維、ポリデキストロース、トマトパウダー、乳酸菌(殺菌)末、植物発酵物乾燥粉末、アーモンド、アセロラパウダー、インディアンデーツエキス、グルコマンナン、ゴールデンベリーパウダー、サイリウム粉末、チアシードパウダー、ノニ果汁パウダー、フルーツ果汁パウダー、フルーツ野菜エキス、プロポリスエキス、メロンプラセンタ(胎座)抽出物、ラカンカパウダー、リンゴンベリー果汁パウダー、レッドビートパウダー、レッドマカエキス、ローズヒップ粉末、花粉末、乾燥ローヤルゼリー、馬鈴薯エキス、発酵紅参エキス、有胞子性乳酸菌、植物混合末、パイナップル果実抽出物 /増粘剤(グァーガム)、ビタミンC、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、クエン酸、酒石酸、ナイアシン、クチナシ青色素、ビタミンE、パントテン酸カルシウム、香料、ベニコウジ色素、クエン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB1、二酸化ケイ素、葉酸、ビオチン、ヒアルロン酸、ビタミンD、ビタミンB12(一部に乳成分・小麦・大豆・オレンジ・リンゴ・バナナ・キウイフルーツ・ゴマ・カシューナッツ・やまいも・モモ・クルミを含む)

ぜいたくレッドスムージーの栄養成分

エネルギー:9.6kcal、たんぱく質:0.1g、脂質:0.03g、炭水化物:2.6g、糖質:1.7g、食物繊維:0.9g、食塩相当量:0.003g、ビタミンA:770μg、ビタミンB1  :1.2mg、ビタミンB2 :1.4mg、ビタミンB6  :1.3mg、ビタミンB12:2.4μg、ビタミンC:100mg、ビタミンD:5.5μg、ビタミンE:6.3mg、ビオチン:50μg、ナイアシン:13mg、パントテン酸:4.8mg、葉酸:240μg

となっております。

多種多様な豊富な栄養成分や健康と美に良いと言われている原材料が配合されているのが分かりますね。

ぜいたくレッドスムージーのコンセプトが美しく綺麗に痩せるダイエットで、栄養バランスが非常に偏りがちな現代人のために開発された商品だそうです。だからこそ、こんなにも多くの種類のカラダと美に良い栄養素が配合されているのです

ただ単に体重を減らすというだけであれば、糖質抜きダイエットなどでカロリーを減らせばみるみる内に痩せていきます。もちろん継続しなかったり、リバウントする可能性や、栄養素が不足して肌荒れや体調不良の原因になったりする可能性もありますが…

ぜいたくレッドスムージーには、カラダの代謝をよくして痩せやすく太りにくくしてくれる成分や、お肌の若返りやアンチエインジグに効果を発揮してくれる成分など、ダイエットをサポートしてくれてリバウンドしにく体質作りをしてくれる栄養素が豊富に配合されているのです。

また、活きた酵素や食物繊維も含まれているので、腸内環境の改善や便秘解消などにも効果的なようです。

ぜいたくレッドスムージーは、まさしくその名の通り贅沢な成分がスペシャルに配合されており、ダイエット期間でなくても飲んでおいたほうが良い栄養素が含まれていて、イマドキ女子には嬉しい健康食品と言えますね。

 

ぜいたくレッドスムージーの成分は危険な成分は入っていないの?

【ぜいたくレッドスムージー】 (1)

成分の調査の結果としては、ぜいたくレッドスムージーには新鮮な果物や野菜、そして1日に必要なビタミンやミネラル類、多くの活きた酵素や、腸内フローラの改善の為の乳酸菌や食物繊維、美と健康に良いとされている成分など、まったく無駄が無い成分配合となっていますので、特に危険性のある原材料や成分は入っておらず、副作用の心配もありませんでした。

また嬉しいことに、保存料や合成着色料も一切不使用となっておりますので、カラダへの危険性は皆無といっても良いでしょう。

しかも、医薬品ではないので、との事です。子供や妊婦や妊活中や授乳一日の飲む量の回数制限や時間帯も決まっておらず、薬との併用も特に問題ではない中の女性が飲んでも問題はないと言い切っていますので、これは副作用が無いという自信があるからこその用法用量なのでしょうね。

結論として、ぜいたくレッドスムージーに配合される原材料や成分は、ダイエット中に不足しがちなビタミン・ミネラル類や健康的で美しくキレイに痩せるカラダ作りをサポートする成分ばかりで、特に危険な原材料や成分は含まれていません。

ただ、上述している通り、アレルギーのある方や妊娠中や体調が悪い時など体がデリケートになっている方は、様子を見ながら試すほうが良いでしょう。

ぜいたくレッドスムージーの安全な成分の詳細、問い合わせをしてみたい方は公式サイトを見て確認してください。

副作用についての口コミを徹底調査!

ぜいたくレッドスムージーに配合されている原材料や成分が危険性がまったくない安全なものだとしても、副作用の報告はある可能性があります。

そこで、インターネットを使用し、YAHOO!JAPANやGooGleなどの検索エンジンや、TwitterやFacebookなどのSNS上で、副作用に関しての口コミや報告や話題が上がっているかを徹底的に調査してみました。

丸一日かけて徹底的に調査した結果…

ぜいたくレッドスムージーの副作用の口コミはありませんでした。

色々な検索ワードを用いてかなり丹念に調査しましたが見当たりませんでした。

ぜいたくレッドスムージーの副作用に関するページ自体はありましたが、そちらの記事内容にも副作用の心配は無いというものばかりでした。

ぜいたくレッドスムージーがこれだけ注目されて話題になっている理由の一つに、副作用に対する心配が全くなく、安全で安心な健康になる成分ばかりを配合しているというのも挙げられるかもしれませんね。

[結論]気になるぜいたくレッドスムージーの副作用は?

もうすでにお分かりかと思いますが…

ぜいたくレッドスムージーには副作用はないといって問題がないでしょう。

副作用がないどころか、ダイエット中でもキレイと美をサポートしてくれる成分が贅沢にふんだんに配合されている為に、ダイエットに挑戦する前よりキレイになったとか、健康になったなどの口コミも多く見受けられました。

さらに、私が一番注目している点が、《贅沢ポイント》と呼ばれるぜいたくレッドズムージーの重要な成分配合です。

贅沢ポイントとは?

ぜいたくポイント①

1包で1日分のビタミンが配合!

ダイエット中に不足しがちなビタミンが1包で1日分摂れるので、栄養バランスが崩れにくくバランスよく栄養を摂取できます。

ぜいたくポイント②

太りにくいカラダ作りのために、22種類のレッドフード/21種類のスーパーフード/16種類の野菜や果物が、贅沢に配合!

栄養価が高く健康を維持していくために良いとされるスーパーフード、美肌効果やアンチエイジング効果などに定評のあるレッドフード、それ以外の効果を得るための16種類の野菜や果物が贅沢に配合されているので、まさにマルチに適切な栄養素を摂取できます

ぜいたくポイント③

綺麗を保つための、9種類の美と健康成分が配合!

お肌のうるおいを保持するヒアルロン酸や、アンチエイジング効果の高いローヤルゼリーや、美用素材プラセンタなど、様々な種類のキレイを保つための美と健康成分が配合されていて、ダイエット中でなくても、飲みたくなる栄養素ですね。

ぜいたくポイント④

痩せやすいカラダ作りのための253種類の酵素が配合!

人間や動物の生命活動に必要不可欠な酵素が253種類も配合されています。さらに活きた酵素を体内に届けるために、コールドプレス抽出という方法を取っているため、より効果的な酵素を摂取することができます。

ぜいたくポイント⑤

6種類のマルチ乳酸菌9450億個で腸内フローラの安定化!

活きたまま腸に届く乳酸菌等の6種類のマルチ乳酸菌が配合されていて、腸内の細菌群”腸内フローラ”の安定化をする効果に期待が持てます。偏りがなく複数種の乳酸菌をバランスよく摂取することが、毎日の健康作りに役立つと言われています。

ぜいたくポイント⑥

W食物繊維を配合で腸内環境改善や便秘解消に!

ビタミンやミネラルと共にダイエット中に不足しがちになるのが食物繊維です。食物繊維には”水溶性食物繊維”と”不溶性食物繊維”のふたつが存在し、どちらか一つだけ偏って摂取していても便秘の元になることも。2種の食物繊維をバランスよく摂取することが便秘解消や腸内環境改善にも効果的なのです。

ぜいたくポイント⑦

保存料や合成着色料は一切不使用!

食品添加物の一種である保存料や合成着色料は一切使っていないので、より安心・安全に引用することができます。子供や妊婦さんが飲んでも安心なのは、このあたりの事情もあるようですね。

副作用の心配もなく、安心で安全な成分と原材料が使用されていて、さらにダイエットをサポートしてくれる美とキレイのぜいたく成分はふんだんに配合されている”ぜいたくレッドスムージー”で、あなたもキレイなカラダ作りをこの機会に目指してみませんか?

関連記事

エクスレーヴは効かない?悪い口コミを徹底紹介!

エクスレーヴは効かない?悪い口コミを徹底紹介!

お腹や太もものダイエットに効果的だと、今話題の骨盤パンツエクスレーヴ。しかし口コミを検索してみると、中には「効果がなかった」「効かない」などといったものも見受けられます。この口コミは本当なのでしょうか?今回は悪い口コミを徹底的に紹介します。

ぜいたくレッドスムージーの副作用の真実を探った結果、衝撃の事実が明らかに!

ぜいたくレッドスムージーの副作用の真実を探った結果、衝撃の事実が明らかに!

今、SNSや美容業界でも大注目のぜいたくレッドスムージー!副作用や危険性はないのか、体調管理が大変な妊娠中の方や、授乳中のママさんも飲んで大丈夫なのか、配合成分の安全性や気になる効能などを調査しました。

ぜいたくレッドスムージーの購入時に損をしないための基礎知識

ぜいたくレッドスムージーの購入時に損をしないための基礎知識

幾度となくスムージーを使ってダイエットにチャレンジしては断念してきまし私が今噂の「ぜいたくレッドスムージー」に出会って、今でも続けられているんです!みなさんにも是非試していただきたいので、まとめてみました。

すごい!話題のブラットップ『エクスレンダー』の効果を身を持って体感した!

すごい!話題のブラットップ『エクスレンダー』の効果を身を持って体感した!

加圧トレーニングや体幹トレーニングを着るだけで行える話題のダイエットインナー『エクスレンダー』。
私がエクスレンダーを実際に使用してみて、感じたこと、効果があったことなど、率直な感想をまとめてみました。

クリスチャンスキニーの効果は嘘?効果ある?ない?口コミで検証してみた

クリスチャンスキニーの効果は嘘?効果ある?ない?口コミで検証してみた

就寝時に使用することで美脚効果を得られるとしてSNSで話題のクリスチャンスキニー。 鏡や、寝る前の自分の脚を見て、 「最近下半身が太くなってきたな・・」 「スカートが似合わなくなってきたな・・」 など、見た目が気になってきている方には是非試してほしいアイテムなんです。