2017/09/28
スキンケア

アトピーや敏感肌でも大丈夫!?話題のコンシダーマルの安全性は如何に?


アトピー肌だとどうしても、化粧品選びって慎重になりますし、本当に自分に合うものを見つけるのってかなり大変ですよね。

実際私がアトピー肌なので、これまで化粧品は何度も何度も失敗し、お金もかなりかけていました。
そんな私ですが、今ではお肌ケアはコンシダーマル1本に落ち着いています。

コンシダーマルそのものの紹介から、アトピー持ちの私の視点の意見を可能な限り書いていきたいと思います!

コンシダーマルとは?


アトピー持ちの方なら経験があるとは思うのですが、商品のパッケージに「お肌に優しい」とか「低刺激」と書かれている化粧品でも、実際に使ってみるとヒリヒリしたり、かゆくなったりしてしまい結局使えないなんて経験を沢山していると思います。

ですが、コンシダーマルならアトピー肌でも安心しておすすめできます!コンシダーマルはオールインワンで肌ケアはこれひとつで大丈夫なんです!

コンシダーマルは独自技術のラメラテクノロジーにより、『肌構造であるラメラ構造』を再現することで、肌になじみがよく美容成分が角層まで浸透します、それによって肌をケアしてくれるのがコンシダーマルなんです。

アトピーとコンシダーマル

まずはアトピーの原因について正しく知る事が大切です。体質だから仕方がない、もう改善しないと思っていませんか?
確かに自分のお肌ですから、一生付き合っていかなくてはいけません。

だからこそ原因を正しく知ることが大切なんです。その原因を正しく理解し、改善していけばアトピーともうまく付き合っていくことができるんです。

1、世界特許のラメラテクノロジー

コンシダーマルの最大の特徴といっても過言ではないのが「ラメラ構造」です。100%ラメラ構造を実現した化粧品というのはコンシダーマルしか存在しません。

ラメラ構造とは簡単に言ってしまえばお肌の構造と一緒なんです。コンシダーマルそのものが極小の粒子で作られていて、素肌に近い形状のために、浸透力が抜群なんです。

コンシダーマルはアトピーによって乱れてしまったラメラ構造を整えて本来持っている健康な状態にしてくれます
肌が本来もつべき姿に戻れば、バリア機能そのものもどんどんと高まりますので、アトピーも改善されていくというワケなんです!

2、30種類もの美容成分を配合

代表的な成分としては加水分解エラスチン、水溶性コラーゲン、スクワラン、セラミド3、ミネラル、アミノ酸、ヒアルロン酸Na、などといった成分が含まれています。

それぞれの働きで、美しい素肌作りの手助けをすると共に肌の免疫力も高めアトピー改善にも当然繋がります
アトピー持ちでも安心して使えるのに、美容成分もたっぷり配合してあるのがコンシダーマルです!

もちろん香料、鉱物油、着色料、アルコール、パラベン、ステロイド等は一切使っていません
安心できる成分だけで作られているものを使いたいって、消費者として当然の心理ですよね!

3、オールインワンなのにローションタイプ

コンシダーマルの特徴としてそのテクスチャが挙げられます。コンシダーマルローションタイプのオールインワンでオールインワンの主流といえば、ジェルタイプやクリームタイプがほとんどを占めるなか、コンシダーマルはサラッとしたローション仕上げです。

ジェルタイプでベタベタしすぎて、アトピーが悪化したり、逆にクリームタイプのもので、全然保湿をしてくれなくてアトピーが痒くむずむずした経験はないでしょうか?

コンシダーマルそんなジェルタイプとクリームタイプのものの良いところだけを抜き取ったローションタイプなんです!

4、オールインワンのこだわり

コンシダーマル1本で6つの役割をこなします。オールインワンを使ったことがる方なら分かると思いますが、オールインワンを求めるあまり、実際の効果は……微妙というものが多いです。

そんなオールインワンの中でもコンシダーマルは成分にも妥協することなく、ラメラテクノロジーを採用することで完璧なオールインワンだと言えると思います。

ラメラテクノロジーについて

コンシダーマルこだわりでも説明したように、コンシダーマルは世界初の独自技術ラメラ構造を採用しています。

では、このラメラ構造、実際のところ何なのか?って話なのですが、実は、角層は水分と油分が交互に重なって、ミルフィーユのように規則正しく並んでいるんです。

まずこの構造そのもののことをラメラ構造といいます。
一般的な化粧品は水溶性と油溶性成分を乳化することで均一になっているので、このラメラ構造とは全く違っています。コンシダーマルは化粧品そのものを肌に限りなく近い構造ラメラ構造にすることで、肌表面に潤い膜バリアを張ることができるんです!

安心の成分とは?

コンシダーマルは、肌成分を構成する30種類もの美容成分を配合しています。

・肌の潤い保持、外的刺激物から肌を守る成分・・・・EGF、スクワラン、ステアリン酸グルセリル、ホホバ種子油、シア脂など
・角層を整える成分・・・セラミド3、ラウロイルグルタミン酸など
・角層のバリア機能、肌の潤いを守る成分・・・・NMF、アルギニン、アスラパラギン酸など

NMFとEGFを配合

「NMF」の成分が入っているというのが個人的にはすごく嬉しい。「NMF」成分を含む化粧品はあまり見ないからです。

NMF

NMFとは、肌の中、特に角質細胞内にある、水分を保持する働きをする天然保湿因子のことを言います。 天然保湿因子を英語で表すと、ナチュラル・モイスチュアライジング・ファクター(Natural Moisturizing Factor)となり、その頭文字で、NMF(エヌエムエフ)と呼ばれます。NMFは表皮細胞が死に角質細胞へと変化する過程で作られる天然の保湿成分のことで、ダメージを受けた大人の肌にはなくてはならない貴重な成分です。さらに、マリンプラセンタ・発酵プラセンタと肌のターンオーバーをサポートするEGF(上皮成長因子)というエイジングケアに欠かせない美容成分も配合しています。

EGF

EGF(上皮成長因子、Epidermal Growth Factor)は、アメリカの生化学者スタンリー・コーエン博士が1962年に発見したタンパク質です。 もともと生物に備わっている53個のアミノ酸から形成されるタンパク質で、細胞の成長促進や機能を整える役割があります。最近注目されている高級成分としても知られています。。

コンシダーマルは最近行われたリニューアルで、美容成分が200%もUPしたということもあり、アトピーだけでなく美容への効果も間違いありません。

アトピー持ちの私もオススメできるコンシダーマル

乾燥肌、アトピー、敏感肌の人にはコンシダーマルはおすすめです。私は今現在も定期購入でコンシダーマルを愛用していますが、小さい頃からアトピー持ちで色んな化粧品を使っては合わずに捨てという事を繰り返してきました。

肌ケア化粧品を使う基本となるのが、化粧水と乳液だと思うのですが、せっかく自分に合う化粧水を見つけて使っていても、乳液が化粧水と相性が悪いなんてこともしばしば。

アトピー持ちだと化粧水、乳液が自分の肌に合うという事はもちろん、その化粧品同時の相性が大事になってきます。そういった目線からも全てがひとつになったオールインワンのコンシダーマルは、私がこれまでずっと探し求めていたものなんです。
冬に使ってもカサカサ肌もありませんでした。

私の友人もコンシダーマルを使っているのですが、友人の子供も中学生に入り思春期ニキビに悩まされていたらしいのですがコンシダーマルを試してみたら、改善したようです!

ホルモンバランスが崩れやすい思春期の子が使ってもコンシダーマルには肌のターンオーバーをサポートする成分も配合されているので大丈夫のようです。

ニキビがよくできてしまう脂質肌の人でも幅広く使えるのでコンシダーマルは誰が使っても大丈夫なオールインワン化粧品なのだとおもいます!

医者も認めた!コンシダーマルがアトピーに効果的な理由


実際になぜコンシダーマルがアトピーに効果的なのか、かかりつけのお医者様に聞いてみたのですが、簡単に説明するとそれはコンシダーマルがアトピー原因でもあるセラミド不足を取り除いてくれるからなんだそうです。コンシダーマルにはセラミドはもちろん保湿をサポートする効果・肌の中から潤いを保つ成分が含まれているのが良いそうです。

コンシダーマルを実際に使い始めてアトピーによる乾燥肌も実際に改善されましたし。天気やエアコンなどによる影響も受けにくくなってきているので、バリアの機能もアップしているんだと思います!

そしてコンシダーマルの特徴でもあるラメラ構造に関しても、お医者様は感心していました。
人肌と同じラメラ構造と全く同じ機能性をコンシダーマルに取り入れることによって、浸透率が高く、肌のラメラ構造そのものにも厚みが増すので、外部からの刺激入ってくる事をシャットアウトする事が出来るんだそうです!

アトピーの原因そのものを取り除く効果があるだけでなうコンシダーマルはアトピー肌にも刺激を与えずに使用する事が出来るだけでなく、アトピーの症状そのものを改善する事が可能です。アトピー持ちの人にこそ積極的に使用して欲しいです。

コンシダーマルはシミ、シワに効果的

年齢をを重ねるとともに増えていくシミやシワ、更にたるみ・・・女性として年齢1番感じる瞬間ではないでしょうか?
シミ・シワを止める、もしくは無くしていくということはできないのでしょうか?

そもそもシミ・シワができる原因

そもそも「シミやシワ」の原因って何なのでしょうか? まずは、その原因をしっかり認識することでシミやシワができないように対策をしていきましょう。その原因となるものをご説明いたします。

シミ最大の原因紫外線

紫外線を浴び続けることで、シミやシワ、たるみなどを引き起こしてしまう症状を総称して光老化と呼びます。

よくUVカットなどという言葉を化粧品などでも目や耳にしますが、紫外線には「UV-A」 と「UV-B」の2種類が存在するのというのを知っていましたか?主に光老化に関わってくるのが「UV-A」とされ、肌の奥まで到達し、肌の繊維を破壊しまうことでシワやたるみの原因となります。

そしてもうひとつの「UV-B」がシミの原因とされています。実はシミのほとんどの原因がこの「UV-B」が原因でできるものです。

紫外線を浴びるのがなぜ、いけないことなのか。
それは細胞内で体の酸化・錆び・老化の原因が発生し、メラノサイトという「メラニン色素」を生み出すからなんです。

このメラニン色素が過剰につくられてしまうと、皮膚内にくすみとして残ってしまうことがありそれがシミとなって皮膚上に見える形として洗われるということなんですね。

メラニン色素が肌に残る理由として内側から新しい細胞が生まれ、皮膚の表面まで押し上げていきます。
通常なら皮膚内でつくられたメラニン色素は角質となって表面から剥がれていく「ターンオーバー(肌代謝)」という肌サイクルがあり、このターンオーバーの際に一緒に排出されるようになっています。

しかし、肌のサイクルが乱れてしまうと排出しきれずにシミとして肌残ってしまいます。
肌のターンオーバーは年齢と共に機能が低下してくるため、シミが残りやすくなるというわけなんです。。

シミの原因は紫外線以外にも食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足、禁煙など生活の乱れから引き起こしてしまう場合もあります。

生活習慣が及ぼすアトピー・肌への影響とは


歳だから肌の衰えは仕方ない?うえでも説明したとおり、年齢以外にも、肌にダメージを与える要因は生活の中にたくさんあるのです。

悪い習慣は気づかぬ間にどんどんと肌の奥底蓄積されて、ターンオーバーが進むごとに将来の肌のダメージとして現れることでしょう。
それでは、実際にどのような生活習慣の乱れが肌に悪影響を与えるのか見ていきましょう。

生活リズムの乱れ

生活リズムの乱れにより睡眠不足や過労が蓄積される
生活が不規則で就寝時間もバラバラ

睡眠不足はホルモンのバランスを崩し、肌の老化を早める原因になります。とくに睡眠は肌の健康のために欠かせない要素。
「肌は寝ている間に作られる」とよく言われており、成長ホルモンが活発に分泌され、寝ている間に肌の再生を促しています。

ストレスによる乱れ

人間関係や仕事ストレスが多い
イライラしたり、気分が落ち込むことでのストレス

精神的なストレスは、ホルモンの分泌に影響を与えています。「病は心から」というように体の至るところに不調を引き起こし、それが肌のダメージになります。

場合によってはストレスを受けてすぎて、ストレスを受けている事が普通になってしまう場合もあり、最悪の場合肌だけでなく、本当に内面から病んでしまう場合もありますので要注意です、お肌も心も美しくなりたいものですよね。

食生活による乱れ

外食が多く、栄養バランスが偏っている
食べ物の好き嫌いが多い
食事制限ダイエットをしている

食生活の乱れは、肌に必要なビタミンやミネラルが不足しやすいので注意しましょう。無理なダイエットや好き嫌いが多いなど偏食も肌の大敵です。

便秘から肌荒れになることもありますし、「腸内環境は肌環境と一緒」と言われるほどです。必要な栄養がきちんと摂れていなければ、肌の健康は保つことは難しいでしょう。体は食べ物によって作られていきます。そのことを意識すれば食生活の乱れも改善していくでしょう。

ビタミンA(β-カロテン)

β-カロテンは体の中でビタミンAに変化し、強力な抗酸化作用を発揮。皮膚や粘膜を丈夫に保つ働きがあります。にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、ほうれんそう、モロヘイヤなどの緑黄色野菜に豊富に含まれます。

ビタミンC

メラニン色素の沈着を防ぐ働きがあり、美白に役立つビタミンとして知られています。また、コラーゲンの生成にも重要な役割を果たします。多く含む食材は、みかんやレモンなどの柑橘類や、いちご、ピーマン、ブロッコリー、じゃがいも、さつまいもなど。

ビタミンE

老化防止のビタミンとも呼ばれ、細胞の酸化を防ぎ、血行を改善して肌を若々しく保つ働きがあります。落花生やアーモンド、ごまなどの種実類、大豆、小麦胚芽、かぼちゃ、植物油などに豊富です。

ビタミンB群

ビタミンB2やビタミンB6は皮膚の新陳代謝を活発にしたり、皮膚の抵抗力を高める働きをし、健康な肌に欠かせない栄養素です。ビタミンB2はレバーや卵、乳製品、うなぎ、玄米などに、ビタミンB6はレバー、豚肉、赤身の魚、大豆などに多く含まれます。

栄養バランスはとても大事です、一見バランスの良い食事をとっているつもりでも、実は偏っている場合もあります。今一度、自分の食生活を見直して健康な肌づくりを目指しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?コンシダーマルがなぜアトピー肌にも効果がある。そしてコンシダーマルの成分に含まれるたくさんの美容効果がお肌を整えてくれるということ理解して頂けたかと思います。

実際にコンシダーマルは購入する場合は通販販売のみとなります。コンシダーマルは公式で購入すると1本4980円ですが、Amazonや楽天などの販売でも販売していて、公式サイトと比べるとかなり割高でしたので購入の際は公式サイトからの購入をおすすめします。

さらにコンシダーマル特設ページから購入すると初回限定54%OFFので購入することができます。お肌のターンオーバーは28日周期ですので焦ることなくコンシダーマルを使い続けることが、美肌・アトピーとの上手な付き合い方だと私は思います。

関連記事

効果がないと諦めるその前に!コンシダーマルは使い方が肝心だった!使い方まとめ

効果がないと諦めるその前に!コンシダーマルは使い方が肝心だった!使い方まとめ

毛穴のトラブルを解決したい!これからの乾燥の季節にしっかり保湿をしたい!アンチエイジングでお肌の若返りをしたい!今まで通りのケアより楽にケアしたい&節約したい!などと思っている人は、コンシダーマルをオススメしたいと私は思います!!!

今どきのメンズは肌ケアするのが当たり前!ドモホルンリンクルは男性にもオススメか?

今どきのメンズは肌ケアするのが当たり前!ドモホルンリンクルは男性にもオススメか?

ドモホルンリンクルは男性でもおすすめ 近頃では男性でも美容液や化粧水等を使っていることは珍しくありません。 美容に気を遣う男性が急激に増えた印象です。 テレビCMを見て「ドモホルンリンクルは男性でも使えるの?」と思ったことはありませんか?

ちょっと待った!ナノクリアの定期購入は解約出来ない!?解約・返品情報まとめ

ちょっと待った!ナノクリアの定期購入は解約出来ない!?解約・返品情報まとめ

最近急に肌寒くなってきましたよね。秋・冬の季節はお肌のケアが大変ですよね。そんな方にオススメしたいのが、FABIUSから販売されている「ナノクリア」という商品です!今回はナノクリアの定期便ラクトクコースの解約や返品についてまとめてみます!

ドモホルンリンクルの効果はホンモノ!その理由はこだわりの成分にあった!

ドモホルンリンクルの効果はホンモノ!その理由はこだわりの成分にあった!

みなさんはドモホルンリンクルの成分の凄さを知っていますか?こだわりを知っていますか?効果がある化粧品はもちろん成分も凄いんです!今回はこれだけ人気のあるドモホルンリンクルの8商品、それぞれの成分をわけて説明していこうと思っています。

ドモホルンリンクルはamzonで買うのが一番お得!?これから始める方へのススメ!

ドモホルンリンクルはamzonで買うのが一番お得!?これから始める方へのススメ!

CMでも有名のドモホルンリンクル。すごく落ち着きのある感じで大人向きの化粧品のイメージですよね。ママ友がおすすめしてくれたのをキッカケにドモホルンリンクルが気になり始めて、どこで購入できるのか、実際に効果はあるのかを調べてみました。